フローリングの張替で部屋を明るく

“フローリングの床の張替を行う工事を、先日、近所のリフォーム業者さんにお願いしました。その時のことを備忘録的にこちらに書かせていただこうと思います。

結果からいえば、リフォームしてもらってよかったな、と思っています。毎日過ごす場所ですから、目が慣れてしまっていてあまり気にしてなかったのですが、やっぱりフローリングそのものがだいぶ汚れていたようで、張り替えてもらったあと部屋全体が明るくなったような印象を受けたからです。フローリング、と一言に言っていますが、色や木目の感じなどもカタログを見せてもらって自分たちで選ぶことが出来ました。リフォーム前は暗めの木材でしたが、新しくしたものは明るい茶色系だったので、それもあって余計に部屋が明るく見えたのでしょうが、でもやっぱり新しいものは気持ちが良いですね!

ついでに隣接している手洗い場も新しくしてもらったので、朝、顔を洗うのがちょっと楽しいです。単純かもしれませんが、普段自分が過ごす場所が綺麗である、というのは自分自身を元気にするひとつのきっかけになると思いますから、リフォームして良かったな、と思っています。”

安くてきれいな物件を借りたい

“春になって異動や進学などでお引越しされる方がたくさんいたかと思います。家賃支払いは固定費ですから、なるべく価格を低めに抑えておくことは今後の生活に向けて、負担の軽減には有効な手段でしょう。

さて、安い物件を借りたいのはやまやまですが、出来れば綺麗な物件に住みたいですよね。そこで、個人的におススメなのは、リフォームされた物件です。築年数自体は古いので、新築に比べれば価格が抑えめですし、古い割にはリフォームのおかげで綺麗、という安価な家賃を目指すのであればねらい目と言えるのではないでしょうか。

古い物件で一番目につくのは水回りの不便さです。また、キッチンなどではどうしても油汚れが染みついてしまうものですから、リフォームで新しいキッチンが導入されているだけでも、気分が断然変わってきます。間取りなどにも多少、流行と言うものがありますから、そういったものが一新されていれば、新築とはまた違いますが、居心地よく過ごせる場所になるだろうと思いますがいかがでしょうか。”

中古マンションのリノベーション

“中古マンションやアパートなど、古い賃貸向けの物件を所持している場合に、資産のリノベーションや価値向上は非常に重要な課題となってきます。資産価値を上げることで、賃貸に出したときに借り手が付きやすくなったり、高い家賃で貸し出せたりもしますからね。

その資産価値向上にリフォームは一役かいますから、古い物件を持っている方には是非、リフォームと言う手段も考えてみて欲しいですね。壁や、キッチンや風呂場の一新、間取りの変更などリフォームすることで見え方がガラッと変わったりします。古びた感じのする物件よりも、綺麗に壁が塗られているとか、水回りがピカピカしているとか、清潔感溢れる部屋の壁紙など、やっぱり第一印象は大事ですから。

もし駅に近い物件だけど、なかなか借り手が付かなくて困っているという場合などには、状況を打開するための案の一つとして考えてみても良いかと思います。不動産を折角持っているのですから、家賃収入がしっかりと得られるように活かしていきたいですよね。”

リフォームなら水回りがおススメ

“床材や壁に比べて、水回りはどうしても傷みやすいように思えます。水回りといえば、キッチンやお風呂場、トイレ、手洗い場と毎日、とてもたくさんの頻度で利用する場所ですし、水と言うものは流れていないと淀んでしまうものです。ですから、リフォームを行うときには水回りは必ずチェックしてもらいたい箇所の一つだと言えるでしょう。

できればキッチンや風呂場の改装や蛇口部分のパーツを変えるなど、わかりやすい場所だけではなく、外壁を回るパイプ関係や、床材の下を通るパイプなど普段は見えない場所もまとめてチェックしてもらいたいものです。

ちなみに、私の家では、以前リフォームをお願いした時、実は床材の一部が水漏れで腐ってしまっていました。それで急きょリフォームをとり行う事になったわけなのですが、できればそういったことがないようにメンテナンスやチェックをしてもらう方が良いのでしょうね。

それに床の下をチェックすることは日常的にはなかなか難しい事でしょうから、そういう点でもリフォームの時には水回りは積極的に行っていきたいものです。”

トイレは綺麗にエコにしておきましょう

“リフォームを考えている方なら、是非!トイレも日本の誇るトイレに新たに改装してしまいましょう!日本のトイレって世界的にも人気が高くて、お土産に買われる方もいるらしいんですよ。トイレそのものにたくさんの機能を付けたり、衛生的な面での向上や、環境面に関しても性能が向上しているらしいので、もしリフォームをするなら良い機会です。

それに日本では水の神様というのはトイレに住むとも言われていて、トイレが綺麗なお家には幸運が舞い込むともいわれているのですよ。もちろん迷信として考えるだけではなく、最近注目されているエコの観点からもおススメです。最近は少ない水で流すことが出来るように改良がされているので、一度に使う水量を減らす事もできるのです。

いかがでしたでしょうか。トイレに関しては各社メーカーが様々なシリーズで出していますし、水回りはリフォームするときの代表的な場所でもあります。是非、リフォームを行う際には、目的の場所以外にも、トイレの改装もご一考くださいね。”

お風呂リフォームは大満足

“リフォームの代表的なものと言えば水回り、中でもお風呂を改装したいと思われる方が多いのではないでしょうか。私は、お風呂はゆっくりとリラックスしたいので、家のリフォームの時にお風呂をきれいにすることには大賛成、というかむしろ率先して行動していました。

元々使っていた風呂釜は非常に古いもので、ガスに火を付けて、水を張った後にガスで温めるようなタイプでした。それを改装してもらったのですが、リフォームではまるごとセットになっているのではなく、自分でタイルなどの色も選ぶことが出来るんですね。蛇口周りの色の選択、風呂場全体のタイルの選択、蛇口タイプはどれにするのか、など決めることは盛りだくさんでしたが、自分や家族で話し合って決めた結果ですから、今では一番のリラックスタイムが過ごせる場所となっています。

予算との兼ね合いで全て最初に選んだものとはいきませんでしたが、一つ一つ納得して決めていったのが満足度向上に役立ったのだと思います。この、体験談が風呂場のリフォームを考えている方の参考になれば幸いですね。”

実際にリフォームの仕事を行っている業者とは

“もしみなさんの中でリフォームをこれから行おうとお考えの方がいらっしゃいましたら、どの業者にお願いするのかということを決めていらっしゃるでしょうか。よく色々な事で言われるようなことで、お知り合いの方に頼むということが一番安心できるという話をよく聞きますが、なかなかそのような都合の良いことにはならないことの方が多いものです。

特にリフォームに関しましては、知り合いにこのような仕事をしている方がいらっしゃるということが、実際には少ないでしょう。ですからどうしても他の業者に依頼することとなりますが、現在におきましては、このような仕事をしている企業は非常に多くなっているということが特徴でもあります。

大手工務店でも積極的にこの仕事を請け負ったりもしていますし、個人でされているような方もいらっしゃいます。また最近では大手家電量販店でもこの仕事を請け負うことができるようにもなっており、実際に店舗に行きますとこのような案内が大々的にされている光景を目にしたりして、ビックリすることもあるでしょう。”

リフォーム

リフォーム業者を選ぶ際に気をつけたいこと

“世の中には実に様々なビジネスが存在しており、これから先も更に色々な分野におけるビジネスが考案されることが考えられています。近年特に勢力を伸ばしているビジネスとしまして、リフォームに関するような企業が次々と進出してきている現状を目にすることがありますが、みなさんの周りにもこのことを専門として扱っている業者があるかも知れません。それだけ日本全国におきまして力を付けている分野の企業となります。

家を所有されている方にとりましては、このようなことを今現在視野に入れている方もいらっしゃることでしょう。そのような方々がよく悩まれることとしまして、どの業者にリフォームをお願いしたら良いのか分からないということがあるのではないでしょうか。

新聞にこのような業者の折り込み広告がよく入れられていますが、そこによく謳われている価格の安さだけで業者を判断することは少し心配なこととなります。大切な事は、やはりこちらの意見をしっかり聞いてくれて、それを形に表してくれるような業者を選ぶことではないでしょうか。”

家の補修を行う際に選ばれる方法とは

“家の老朽化に伴い、私たちはそれに対して何らかの措置を取らなければ後々になって後悔をすることとなることが容易に考えられます。このようなことに対する措置としては幾つかの方法が考えられるのですが、現在では主にリフォームという措置を取られることが多くなっています。

何故この方法を採用することが多いのかということですが、これにはその手軽さが一番の理由として考えられるからでしょう。その他の措置としましては、家自体を建て替えるという方法も考えられますが、みなさんでしたらこの方法に対してどのようなイメージを持たれるでしょうか。きっとお金が非常にかかることとなり、将来を通して家計を圧迫させるというようなイメージが先行するのではないでしょうか。またマンションに住み替えるということも、同様のイメージに繋がるかも知れません。

その他にリノベーションをするという方法もありますが、これは更に家に加工をするような作業となりますので、結局費用が多くかかることが考えられています。結局、手軽に補修できるのはリフォームということになります。”
壁塗装リフォーム

リフォームの基本的な考え方とは

“家の老朽化は避けることができない問題として、多くの方が苦労されています。そのような問題に対して補修工事を行うことをリフォームと呼んだりしますが、特に最近ではこの行為が非常に流行っていることが考えられるのではないでしょうか。

家に限らず、全ての物は老朽化していく事実があり、それを私たちが道具として使い続けていく必要があるのでしたら、その道具を直しながら使っていくことになります。直すという行為をしないと、その道具が使用している最中に壊れてしまう結果となり、その為に目的とすることができなくなってしまうことに繋がってしまいます。そうしますと色々なことに対して悪影響を及ぼす結果となることは間違いありません。

その道具が家の場合、お湯が出なくて困ったり、壁が壊れて冷たい空気が家の中に入り込んで寒い思いをしたりと、私たちに取って直接悪影響を与えるようなことが考えられます。このようなことにならないうちに、壊れそうな箇所はないか等の点検を事前に行い、その結果から補修した方が良い所を直していくことがリフォームの基本的な考え方となります。”